顧問弁護士について

顧問弁護士をつけた方が良いのか迷っている経営者さまへ

弁護士法人あさひ法律事務所近年では、大企業だけではなく中小企業にも高いコンプライアンスが求められます。

労働法や民法、デジタル関係などの分野で法改正も相次いでおり、ついていくのが大変、という経営者さまも多いでしょう。

そんなときにはぜひ顧問弁護士をご活用ください。

 

1.顧問弁護士の業務内容

顧問弁護士は、顧問企業のために以下のような業務を行います。

 

1-1.法律相談

日常の法律相談をお受けしています。

会社経営をしていると、いろいろと法律問題が気になる場面に遭遇するでしょう。そんなとき、顧問弁護士がいれば無料で気軽に相談できます。

 

1-2.内容証明郵便や契約書の作成

内容証明郵便や契約書の作成近年では、あらゆる業種業界で契約書作成ニーズが高まっています。

ただ自社のリソースだけでは契約書の作成に対応しにくい中小企業も多いでしょう。

顧問弁護士は、顧問企業に必要な契約書をオーダーメードで作成します。テンプレートよりも確実で安心な契約書を利用できるのはメリットとなるでしょう。

また顧問企業が法的トラブルに巻き込まれそうになったとき、内容証明郵便を作成・発送してトラブル拡大を防ぐことも可能です。

 

1-3.トラブル予防

顧問弁護士の重要な業務は「トラブル予防」です。企業が新たな分野に進出したいとき、従業員を解雇したいとき、ウェブサイトを構築したいときなど、後に「違法」といわれることのないよう適切なアドバイスを行います。

 

1-4.実際に発生したトラブルを解決

実際にトラブルが発生してしまったときには、速やかにトラブル解決へ向けて対応します。

交渉や審判、訴訟などを請け負い、なるべく顧問企業に不利益が及ばないよう最善を尽くします。

 

1-5.経営者の個人的な法律問題

交通事故や遺産相続、離婚など、経営者や役員の個人的な法律問題が発生した場合にも、顧問弁護士が解決に向けてアドバイスやサポートを行います。

 

2.ニーズに応じて利用できる顧問弁護士

顧問弁護士というと、高額な顧問料がかかるイメージをお持ちの方も多いでしょう。

しかし実際には、経営者が考えておられるよりリーズナブルなケースが多数です。

当事務所では、企業の規模やニーズに応じたコースを設定させていただいています。

法律相談だけしか利用されないなら、月額1万円からご利用いただくことも可能です。

法人であれば、顧問税理士は当然のようにつけておられるでしょう。同じように、これからの時代には顧問弁護士が必須となってきます。

  • 法改正
  • 事業承継
  • 新規のビジネス
  • 法律トラブルへの対応

金沢で事業経営をされている方は「転ばぬ先の杖」として、ぜひ当事務所の顧問弁護士をご活用ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0762320004電話番号リンク 問い合わせバナー